FC2ブログ
鏡に映った画のように
流れていく時間
それを確かめるには
背を向けなくてはならない
見えているものは
裏返しの世界
あるはずの景色は
後ろに広く連なる
逆さまの私の向こうに
広がっているのは
逆さまの時間なのに
振り返ったら
見えなくなるから
虚像の時間に
冷たく触れる
ここにいるのは誰
そこにあるのは何
逆転の私に遮られ
見つからない
分かる
分からない
なにもかも
スポンサーサイト



2007.03.23 Fri l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tearoombergamot.blog55.fc2.com/tb.php/776-a31e55f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)