FC2ブログ
歩いた

行けども

ウルグアイの夜いる

渡る賜杯ナイルの河

言い寄って黙る舌の根

剣(つるぎ)の或いは生じる危害要るから

担った想い軽くして

当たるらしい昼の光を啜る

もう

満ちるならここに

生きる太陽にある

下へ行こう





スポンサーサイト



2007.03.20 Tue l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tearoombergamot.blog55.fc2.com/tb.php/771-838018a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)