FC2ブログ
この寛容な国で

光と愛の聖なる夜

眠る子どもの枕元

恋しい人の腕の中

見知らぬ誰かの頭上にも

それから自分自身にも

優しい夜が降り注いで

朝の光に包まれた愛が

訪れますように


スポンサーサイト



2006.12.24 Sun l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tearoombergamot.blog55.fc2.com/tb.php/599-4b42b59e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)