FC2ブログ
健やかな寝息と
健やかな身体
健全な眠りの
いとけない子ども

子守唄に揺れる
小船の揺り籠で
どこまで行くのだろう
可能性を秘めて

小さな掌に
幾つも夢を握り
瞑る瞼の下の
無垢な瞳が笑う

揺籃を飛び出して
道を歩き出した
遠い日の子どもは
小さき者を見つめる

あの頃の記憶は
欠片さえもなくても
確かにその昔
子守唄を聴いた

その歌を唄って
小船に寄り添おう
いつか降り立つ日まで
帆になり舵になろう
スポンサーサイト



2006.12.22 Fri l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tearoombergamot.blog55.fc2.com/tb.php/596-4f39abf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)