FC2ブログ
同じ毎日を繰り返した
流れなかった涙が満ちた
それでなお生きていくかと
雑踏の中で足を止めた

ボロい階段ゆっくりと上がる
靴音だけが僕を包む
黴とホコリと静寂の中
空へと続く扉を開ける


所在なさげな給水搭は
涸れ果てた泉の趣き
底に沈む夢の魚は
一足先に天を目指した

乾く世界をゆっくりと進む
靴音さえも風に消える
ビルと汚れと騒音の上
空へと昇る気流を目指す


錆びた手摺を握り締めた
流さなかった血の匂いがした
僕はまだ生きていけると
踏み出しかけた足を戻した

ボロい階段を飛ぶように下る
靴音が羽ばたきのリズム
過去と未来と現実の中
僕へと続く扉を開けた


地面に足をつけて
雑踏の中を歩き出した


歩き出せた

■□■□■□■□■□■□■□■□■□
錆色


(2005/11/30)



錆びたものは、あまり触りたくないですね(笑)
タイトルに無理があるのは百も承知なのですが、これタイトル縛りだったものですから(笑)<和名色縛り
スポンサーサイト




2006.12.31 Sun l 花膳 l コメント (5) トラックバック (0) l top

コメント

NoTitle
はじめまして、年越詩祭様でいただいたコメントをたどりました。
鉄の錆びた匂いと血の匂い、似ていますね。
錆びてしまった血もまた鼓動し、流れ始めるのですね。
古いビルの描写、ボロい階段のくだりの対比、特に凄いです。。
リンクさせていただきますね><
2007.01.02 Tue l しおん. URL l 編集
NoTitle
年越詩祭よりきました
ほんとすごい対比ですね
出展作品もそうですが世界観がとてもひかれます
よかったらリンクお願いします
2007.01.02 Tue l Moo. URL l 編集
コメント、ありがとうございますv
>しおんさん
 はじめまして。年越詩祭さんからのお越しなんですね、ありがとうございますv
 鉄錆と血の匂いは似ているなぁ、というところから出来た詩だったと思います。
 対比なんかも、褒めてくださってありがとうございます。
 リンクも嬉しいです。ぜひ、こちらからも貼らせてくださいませv

>Mooさん
 はじめまして。年越詩祭さんからのお越し、ありがとうございますv
 惹かれる、と言っていただけるような作品が、一つでも二つでもあれば嬉しいです。
 リンクも嬉しいです。ぜひ、貼ってやってくださいませv
 こちらからも、つなげさせていただきますねv
2007.01.03 Wed l あーるぐれい. URL l 編集
NoTitle
ありがとうございます!
早速リンクさせていただきました
なかなか訪問出来ないかもしれませんが
よろしくお願いします
訪問したときはコメント足跡がわりに残しますw
また自分のブログも更新多くないですが
お暇があれば来て下さい。
2007.01.03 Wed l Moo. URL l 編集
ありがとうございますv
こちらからも、貼らせていただきましたv

時折、思い出してお越しくだされば、それで充分嬉しいですので、どうぞ、お気になさらないで下さいませ。
私も、お邪魔させていただきますねv

どうぞ、これからよろしくお願いいたします。
2007.01.04 Thu l あーるぐれい. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tearoombergamot.blog55.fc2.com/tb.php/560-2bc7a25f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)