FC2ブログ
お気に入りの場所
帰り際
立ち寄った

小学校と中学校の上
団地の端

公園というにはお粗末
下生えだけの広場
だけど春には
万朶の桜が咲いている

ひっそりと
ゆったりと
時間が流れてく

あたしは一人
車を降りて
降り注ぐ
光と花を受け止める


秘密にも近い場所
帰りがけ
立ち寄った

知るのはご近所と児童生徒
それから卒業生

声高に教えるには地味目で
知る人ぞ知るような場所
だけど春には
辺りが桜に覆われる

泰然と
悠然と
時間が流れていく

歳月重ねた
老夫婦が座って
穏やかな顔で
夕桜が降るのを見てる


夕暮れの桜の下
キーを廻して
あたしは家路に着く

また来年
あたしは一人
ここに来る
きっと

桜と時間の待つ場所へ
スポンサーサイト



2006.03.31 Fri l 花膳 l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

かつて自分がいた場所に
立ち寄るのは
気持ちが安らぎます。

ただの感傷だけではない、
その場所かr
2006.03.31 Fri l koro7310. URL l 編集
ごめんなさい、手がすべっちゃった。。。

その場所から、パワーがもらえる気がします。

だって、ほんとに元気になるんですから~^^
2006.03.31 Fri l koro7310. URL l 編集
初めまして、今日和。
何度も訪問させていただいておりましたが
初めてのコメントです((恥ずかしい///

あーるぐれいさんの詩は優しくて綺麗ですね。
心があったまります
俺の冷め切った心が溶かされました(*´∀`*)

また、遊びに来ますね。
でゎ、乱文失礼しました。
2006.03.31 Fri l 七蝶. URL l 編集
コメント、ありがとうございますv
>koro7310 さん
 この場所は今でもお気に入りで、毎年、仕事帰りに一人で立ち寄ります。
 中学校に通っていたころは、この桜の下を朝晩自転車で通ったものです。あの頃の、瑞々しい感性(自分で言うな)が、今でも残っていればいいな、と思いながら。
 パワーを分けてもらえると信じてますv

>七蝶さん
 はじめましてv お越しいただいて、ありがとうございますvv
 何度も訪れてくださっていたとのこと、嬉しいですvv

 褒めていただいてありがとうございますv
 恥ずかしながらいろんなものを書いておりますので、宜しければ、また見にいらしてやってくださいませvv
2006.04.01 Sat l あーるぐれい. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tearoombergamot.blog55.fc2.com/tb.php/52-b14250b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)