FC2ブログ
これはこれは

二度とおいでにならないものと
思ってましたが

大抵は二度とおいでになれないもの

よほど
想いがお強いと見える

本日は何をお求めで

ははあなるほど
うってつけのものがございます


綺麗でしょう
桜の精霊ごと漬けたお酒ですよ

こんな黄昏の町でも
光源の乏しい店内でも

ほんのりと淡く光る
そう夜光る桜のように

世知辛い流れの中で
この桜は伐られましたが

このように美しいお酒となって
眠っているのです

貴女のような方を待つために


口に含めば薫り立ち
眼前に花開くでしょう

たちまち虜となり
絡め取られてしまうほどに


だが
飲ませすぎは禁物

これは桜のお酒
飲みすぎれば誘われて

花に埋もれ根に絡まれ
土の中に眠るのは必定

桜の下に眠る屍となるでしょう


それでも良いと仰られるならば
どうぞお持ちなさい


ええ

ちょうど二人分入ってございますよ
スポンサーサイト



2006.03.30 Thu l 黄昏通り l コメント (3) トラックバック (0) l top

コメント

黄昏通りvv
こんにちは~。

黄昏通り!!もう一つのどこにもかえらないの時から好きだったので今か今かと待っていました!!(笑)
相変わらず不思議な品物ですね。。。一度行って何か買ってみたいような・・しかし買ったら大変なことが起こりそうです(笑)
2006.03.30 Thu l 陽炎. URL l 編集
何か楽しくなってしまう名調子ですねv
勿論、私は今酔ってなどいませんよ…
それでも、読めば楽しくなってしまいますねvv
2006.03.30 Thu l junsora. URL l 編集
コメント、ありがとうございますv
>陽炎さん
 わ、待っていてくださる方がいらっしゃるとは! 店主も喜びます(笑)
 七五調という縛りがきつかったので、こちらに来て、緩めてみました。
 いっそ詩というよりもSSS風味に(笑)
 
 ここの店主は曲者ですので、きっと大変なことになります。
 それでも良かったらサイトの方でキリ番ゲットしてご来店ください(・・・溜めてるんですが・・・汗)

>junsoraさん
 ありがとうございますーv 
 酔ってなくても酔わせるような、そんな感じになればいいなぁ、と(笑)
 楽しんでいただければ嬉しいですvv
2006.03.30 Thu l あーるぐれい. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tearoombergamot.blog55.fc2.com/tb.php/50-fe4d8bfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)