FC2ブログ
雨が秋を連れ去って
風に冷たさを混ぜた
新月が昇って
静かに夜を呼ぶ

凍えそうな部屋で
身を震わせて
息を潜めながら
呟こう

誰でもない
誰かの名前を


露が冬をいざなって
霜の気配を込めた
新月は黙って
季節をただ廻る

凍えそうな心で
身を震わせて
息を殺しながら
涙しよう

誰でもない
誰かを想って


冷たい風の中に
誰でもない
誰かの声を聴いて


凍えそうな私は
身を震わせるから
毛布に包まりながら
火傷しそうなお茶を飲もう

誰でもない
誰かを夢見て
スポンサーサイト



2006.10.23 Mon l 花膳 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

こんばんは。
寒々とした感じが肌に伝わってきました。

火傷しそうなお茶(ウオッカ?)飲みたいなと思いました。
2006.10.24 Tue l 響わたる. URL l 編集
コメント、ありがとうございますv
昨夜は、寒かったので。分かりやすく反映されてますね(笑)

お茶は、本当はラムを混ぜようとしてたんですが(ブランデーだと語呂が悪かった)、代わりに毛布に包まりました。

温かいお酒もいい季節になりましたね。
2006.10.24 Tue l あーるぐれい. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tearoombergamot.blog55.fc2.com/tb.php/474-e61ca4fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)