FC2ブログ
目が覚めたら異世界にいた
目の前には白髯の預言者
目にも眩い装備を一式
目に見えて鋭い剣一振り

口を開いた預言者が
口当たり良く言ってのける
口から出たのは淀みない言葉
口車に乗せられて勇者になった

鼻につくような村人の対応を
鼻であしらう同行者の魔術師と
鼻持ちならない学者の男
鼻を明かそうとどんどん進む

耳障りな自慢話の学者と
耳を塞いだ魔術師の声が
耳鳴りのように呪文に変じ
耳元で聞いた手がかりがかすむ

眉唾物の噂話と
眉を顰めたいような話の数々
眉を開いた二人の連れは胡散臭そうに
眉に火がついたと足を速める

頬を染めてる異国の姫が
頬杖をついた魔術師に迫る
頬返しのつかぬ彼を横目に
頬笑みながら置いてけぼりした

顔を合わせた最大の敵は
顔見知りの筈の誰かに似ている
顔から火が出た魔術師も揃い
顔つきを変えて戦いの火蓋

歯を食いしばった苦闘の後で
歯が浮くような学者の言葉
歯に衣着せず斬りつけかけて
歯の根も合わぬ寒さに気づく

舌先三寸の預言者の再来
舌を振るって雄弁に語る
舌先に丸め込まれぬうちに
舌を出して退散と行こう


目が覚めたら布団の中だった

スポンサーサイト



2006.09.22 Fri l 花膳 l コメント (5) トラックバック (0) l top

コメント

ん~~!!
面白かったです!
目、口、鼻、耳、眉、頬、顔、歯、舌と進んでいくのが素敵です!!
体の一部を使っているからか詩にすごく纏まってますね!
仲間の学者さんと魔術師さんがなんだか好きですvv
2006.09.22 Fri l 卯月陽炎. URL l 編集
うまい!
感服いたしました(礼
2006.09.22 Fri l じっさま. URL l 編集
コメント、ありがとうございますv
>陽炎さん
 書き始めるまで、全然こんな風に、顔パーツで進む予定ではなかったのですが、纏まってる、と言われて、結果オーライだな、と(笑)
 当初は、「異世界で勇者と呼ばれるファンタジー」だけが決まっていたので、どうなることかと思いましたが、学者と魔術師を気に入っていただけてよかったです(笑)
 旅をしながら、だんだん仲良くなっていったんだろうなぁ、と、書きもしない物語を色々考えてました。楽しかったです(笑)

>じっさまさん
 お褒めいただけて嬉しいですv
 上記の通り、先を考えずに、辞書にある語句を拾い拾い書いていったのですが、そう言っていただけて、ホッとしました。
2006.09.22 Fri l あーるぐれい. URL l 編集
ヽ(;▽;)ノアハハ、、、最後の一行にやられた・・
2006.09.23 Sat l ちゃりs. URL l 編集
コメント、ありがとうございますv
異世界には行ってみたいけれど、いきなり勇者だと言われて、剣とか渡されたら困るなぁ、なんて(笑)
なので、最後の一行で、夢オチにしてみました。
2006.09.23 Sat l あーるぐれい. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tearoombergamot.blog55.fc2.com/tb.php/412-580a4c6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)