FC2ブログ
明日で世界が終わると言う
差し当たって
やりたいことも
会いたい人も思いつかず
眠ることにした
終焉が近づく頃に目覚めてふと思った
自分のところにも誰も来なかったんだな



長いこと塔に閉じ込められている
ぼんやりと地上を眺めていると
白馬の王女がやってきたので
ここから出してくれないかと言うと
呆れたように肩を竦めて
塔を蹴り倒してくれた
この場合やはり彼女に恋するべきかと
暫く悩んで顔を上げると
王女は既にどこかへ行った後だった



風が強いので身の軽い彼女は
僕に会いに来られない
僕もまた外に出られない身だ
そんな難儀な恋はやめてしまえと
友人が言ったが
難易度で恋をするものではないと
僕は誇らしげに答えた
その途端
ここ数年彼女と会ってない事を思い出した
すでに彼女の顔も名前も忘れていた



この海岸には死体が流れ着くのですと
隣に立っている男が言った
見ていると遠くから何かが流れてくる
打ち上げられたものは
どう見ても私の恋心だった



ホテルのラウンジで
酒を飲みすぎたらしい
部屋へ戻るエレベーターは
なぜか月に到着していた
目の覚めるほど青い星が
頭上でウィンクしていた
その引力に惹かれて
気づいたときにはホテルのベッドにいた
暫くこの星の魅力から離れられそうにはない



指に目をやると
赤い糸が結んである
これはいわゆる運命というヤツだな
そう思いながら手繰っていたが
一向にその先に辿り着けない
いいかげんくたびれたので
通りすがりの老婆に
糸切り鋏を借りてちょん切った



庭先で小鳥が煩い
見ると電線の上で
一生懸命囀っている
何をそんなに必死なのかと問うと
離れ離れの恋人に
落ち合う場所を電話しているのだと鳴く
電線の意外な利用者を知った



チョコレートが食べてくれと言う
かわいらしい少女の形のそれを
頭から食べるか足から食べるか悩んでいると
じれったそうに頭から飛び込んできた
あっという間に蕩けて全身に甘さが廻る
まるで毒のような恋だと思った



骨董店でティーカップを手にしている
一目見て気に入った
それは喪った片割れを探しているカップだと
顔の見えない店主が言った
それなら私が探してやろうと告げると
ご心配には及ばぬと言われる
気づけば私自身がカップになっていた
仄暗い陳列棚に並んで
甘いお茶を待つ羽目になった



私を抱いているのは
紛れもなく昔の恋人なのだが
どうしても見覚えがない
誰かと問うことも出来ずに
ぬくもりに身を任せていると
一つだけ分かった
あちらも私が誰なのか
分からないらしかった
スポンサーサイト



2006.09.19 Tue l 花膳 l コメント (6) トラックバック (0) l top

コメント

こんば☆
これ、メッチャおもしろいっス♪
ひとつひとつでも、かなりおもしろいのに・・10個も。
夢の中のストーリーって、自分の意思は普段と変わらないのにやってる事は不思議なことだらけ!
こんな感じの夢、結構ありますよ。
しっかし~恐れ入りました。。
2006.09.19 Tue l ちゃりs. URL l 編集
コメント、ありがとうございますv
お褒めいただけて嬉しいですv
実は、この『夢十夜』シリーズは、ひっそりこっそり続いてます。やがて千夜を目指そう、などとたわけたことほざいてます(笑)

夢の中って、不思議ですよね。どんな夢も起きたら楽しいのですが、割とさくさく忘れてしまうのでもったいないです。

お気が向かれたら、是非前の十夜たちも見てやってくださいv
2006.09.19 Tue l あーるぐれい. URL l 編集
こんにちわ
「ねたゼロ~」のブログから飛んでまいりました。

凄いですね、面白いです。
休みなく書き続けられるのは力のある証拠だと思います。

まさに言の葉遣い!

夢千夜を目指して頑張ってください。
これからも読ませて頂きます。
2006.09.20 Wed l じっさま. URL l 編集
コメント、ありがとうございますv
はじめましてv
さばよしさんのところからのお客様なのですね。
お越しいただけて嬉しいですv

時折、何も思い浮かばない、今日はもう逃げていいですか?なんて日もあるんですが(笑)、それでも、続けていってます。力というよりは、半分意地のようなものかもしれません。

お褒めと応援のお言葉、ありがとうございますv
是非、またいらしてくださいませv
2006.09.20 Wed l あーるぐれい. URL l 編集
たのしい!
軽いタッチがいい感じ!それで?それで?と読んでしまいました。ダヤンは、創作が出来なくて、勉強しよう!でも勉強してつくった作品には、味気ないんだろうなぁ~。
2006.09.20 Wed l ダヤン. URL l 編集
コメント、ありがとうございますv
ありがとうございますv

「これって、詩じゃないよね」という感じがそこかしこに漂ってますが、本人、楽しみながら書いてます(笑)

書き始めるまで、十夜分の夢は浮かばないので、行き当たりばったりが多いです。(せいぜい2夜か3夜が限度)

なので、好きなことを好きなように書いてみるのもありじゃないかな、と思いますよーv
2006.09.20 Wed l あーるぐれい. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tearoombergamot.blog55.fc2.com/tb.php/400-dbe13919
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)