FC2ブログ
踊り場のない 階段を
転がり落ちて いくように

あなたと わたしは
いつだって

乱暴なまでの 恋をした


真夏の昼の 太陽の
噛み付きそうな 熱のよに

出会った 二人は
急速に

凶暴なまでの恋をした


闇夜に光る 目のように
鋭く尖る 牙のよに

互いが 互いを
喰らいあう

獰猛なまでの 恋をした


どんなに怪我を 負ったって
いくつも傷が 付いたって

わたしは だれかと
いつだって

致命的なほど恋をする


(2005/08/25)


こんな恋愛、した記憶ありませんけどね(笑)
でもまあ、どんな恋にも多少は、こんなところもあるのじゃないかな、なんて思ったりしなくもありません(曖昧極まりない)
スポンサーサイト




2006.09.17 Sun l 月々 l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

はじめまして!
るぐれいさんの詩、素敵ですね。
応援ポチしておきました。
またきますね。
2006.09.17 Sun l あかいあひる. URL l 編集
コメント、ありがとうございますv
はじめまして。
いらしてくださってありがとうございますv

お褒めいただき嬉しいですv
お気に召すものがひとつでもあれば幸いです。

応援、ありがとうございます。
嬉しいですv

またのお越し、お待ちいたしておりますね。
2006.09.18 Mon l あーるぐれい. URL l 編集
こんば☆
はじめての経験なら恋意外でもそのように感じる部分ってありますよね。。
致命的な恋・・致命的かぁ~
いいかも♪
2006.09.18 Mon l ちゃりs. URL l 編集
コメント、ありがとうございますv
どんなものが相手でも、衝撃的な出会いをして、ぐんぐん惹き込まれちゃうと、こんな思いをしそうです。

ちょっと憧れるけれど、命懸けですよ(笑)<致命的
2006.09.18 Mon l あーるぐれい. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tearoombergamot.blog55.fc2.com/tb.php/371-0652751b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)