FC2ブログ
誰のために戦う
何のために争う

泣き叫ぶ母を
立ちすくむ子らを
血に染めてまで

正義を標榜する者は
銃把を持ちはしない

正論を主張する者は
銃口に晒されはしない


誰のために戦う
何のために争う

住んでいた家を
実りゆく畑を
地に埋めてまで

攻撃を希求する者は
守られた場所で叫ぶ

勝利を要請する者は
自らの手を汚さない


誰のために戦う
何のために争う

殺し殺される者は
憎しみと哀しみだけを残して


誰のために戦う
何のために争う

声高に叫ぶ者は
正当性だけを主張する


誰のための
何のための

あなたたちの生命なのか
スポンサーサイト



2006.08.07 Mon l 花膳 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

はじめまして。
桃歌さんのところから流れてきました。

この詩、なんだかジーンときました。
戦争なんてなくなればいいと思います,
でも、まだまだ戦っている国があると
いうのは本当に悲しい事です。

特に子供までも銃を手にする日常
あってはいけないと思います。

たいようのたまごの言葉遊び、
私もお持ち帰りさせてもらって、
挑戦しようと思ってます。

何だかばらばらなコメントですね。(笑)

2006.08.08 Tue l ルナ. URL l 編集
コメント、ありがとうございますv
はじめまして。いらしてくださって、ありがとうございます。

世界のあちこちで争いが起きているけれど、指導者、首謀者は、安全な場所にいて、殺し殺される者は、言い方は悪いけれど、何の変化ももたらしません。憎しみと哀しみを生むだけで。
誰もが、そう思って、武器を捨てたらいいのに、と、そう思います。


「太陽のたまご」、思った以上に伝播してとても嬉しいですv
見に行かせていただきますねv
2006.08.08 Tue l あーるぐれい. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tearoombergamot.blog55.fc2.com/tb.php/324-1b291ff8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)