FC2ブログ
これからふたり
一緒に歩いていくでしょう

いろんなことがあるでしょう
いろんな人に会うでしょう
いろんな嘘があるでしょう
いろんな誤解もあるでしょう
意見の相違もあるでしょう
異変の脅威もあるでしょう
弱いところも見るでしょう
ずるいところも見るでしょう
隣にいることに慣れるでしょう
待たなくなることに慣れるでしょう
情熱の炎が薄れて
静かな愛になるでしょう
忙しい日常にかまけて
粗略になったりするでしょう

あなたがここにいることを
わたしがここにいることを
当たり前だと思うでしょう

だからふたり
忘れずにいましょう

それは大事なことだってこと
当たり前なんてないってこと

あなたがここにいることを
わたしがここにいることを
かけがえないと思いましょう

これからふたり
一緒に歩いていきましょう

一緒に歩いて生きましょう

                      (2005/07/21)




友人の結婚祝いに書いた詩の一つ。
披露宴の時の、席辞表メニューに掲載したいから、何か書いてくれ、と言われていたのでした。
これではない別のものが採用されたけれど(何せ、たいていのものが長すぎたので)、たくさん書いたものの中で、割と好きな一篇です。

恋する二人、愛し合う二人、に、贈る言葉になればいいなぁ、と思います。
スポンサーサイト




2006.08.20 Sun l 月々 l コメント (6) トラックバック (0) l top

コメント

こんばんは。。。
恋する二人に送りたいポエムですね。。。
心に響きます。
長い付き合いからの、惰性・・・これは仕方ないことなんでしょうか。いつまでも、忘れたくないですね。お互いに対する愛情、思いやり。。。
2006.08.20 Sun l kyo-ko-coco. URL l 編集
自分だったら責任重く感じて書けなくなってしまうかも、と思いました。
だけど、あーるぐれいさんの書かれる詩の長さ加減が私はとても好きであったりします♪
余韻をひく物語のエンディング部分のように、ちょうど良く心地良いですvv

2006.08.20 Sun l junsora. URL l 編集
この世の不思議
今、これから歩み出す二人だけじゃなく、パートナーのいる人たちにも送りたい言葉ですね。幾多の偶然と、幾多の不思議で、今、パートナーが傍にいる事を感じます。
2006.08.20 Sun l ダヤン. URL l 編集
コメント、ありがとうございますv
>kyo-ko-cocoさん
 心に響いたら嬉しいな、と思いますv
 惰性を、仕方ないものにしたくないですよね。 熟成することもあるでしょうけれど、慣れきって欲しくないですね。
 いつまでも、愛情と思いやりを持ちあえる二人であって欲しいです。

>junsoraさん
 責任も羞恥心も捨て置いて、思い切り楽しんで書いてました(笑)(さすがにスピーチで紹介された時には…でしたが)
 幸せいっぱい、というものを書ききれなかったことを思い返したりして、まあ、なんて自分は偉そうな、と思うことはありましたけど、これが私らしさなんだろうなぁ、なんて。

 長さを気に入ってくださってありがとうございますv 心地よいと言ってもらえると、嬉しいです。
 余韻をひく物語。素敵ですね。これからも、そんな物語を書いていきたいですv

>ダヤンさん
 隣にいるのが当たり前だ、ということは、きっとないんですよね。そこに幾つもの偶然と不思議があるのだと思います。
 私のような若輩者が、本当は人に贈れる立場じゃないのかもしれないけれど、たくさんの人が、そうだなぁ、と思ってくれたらいいな、と思います。
2006.08.20 Sun l あーるぐれい. URL l 編集
忘れずにいたいですね!
お互いがかけがえのない存在であることを!
2006.08.21 Mon l ノヴェリン. URL l 編集
コメント、ありがとうございますv
たとえば、恋人、伴侶、家族、友人。
全てにおいて、きっと、皆、かけがえのない存在なんですよね。

関係に慣れきっちゃわないよう、忘れずにいたいです。
2006.08.21 Mon l あーるぐれい. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tearoombergamot.blog55.fc2.com/tb.php/306-2e0a9b03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)