FC2ブログ
夜を裂いて
千切れた鳴き声
雨の中を
濡れていく姿は
見えなくても

どこへ行く
生き急ぐ

打たれてもなお
行く場所がある


時を超えて
呼び交う鳴き声
闇の中で
目指す場所は
見えなくても

どこへ行く
生き急ぐ

もがいてもなお
行く場所がある


短いと
刹那だと

人は言うだろう

一概に
切ないと
人は言うだろう


どこへ行く
生き急ぐ

急いでなどいないのか


それでも

夜を裂いて
蝉が鳴く
スポンサーサイト



2006.07.20 Thu l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tearoombergamot.blog55.fc2.com/tb.php/281-c0fd7de2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)