FC2ブログ
ある日
森の中で
出会った
熊さんは

まさかりを
担いだ少年と
ふたり仲良く
踊ってた

こちらに気づいて
手招きする
お嬢さん
おいでなさい

あら熊さん
ありがとう
だけど
私は海へ行くの

少年が熊と
目配せをした
踊りを止めて
ふたりで手招き

それなら
なおさら
さあさあ
おいでなさい

少年が
朗々と歌いだす
熊さんは
滔々と語りだす

青い海
白い波
蒼い空
白い雲

光る海
眩い波
光る空
眩い雲

そしてきみ

手招かれた私に
手を差し出して
熊さんは笑った
さあ手を出して

気づいたら海
目の前は空
森は彼方に
遠く見えない

そして

手の平には

白い貝殻の小さなイヤリングが

光ってた
スポンサーサイト



2006.07.19 Wed l 花膳 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

青い海の熊さん
素敵なファンタジーですねvv
こういう物語は好きです。
絵を描いて、それと合わせて絵本にしてもきっと素敵ですねvv
2006.07.19 Wed l junsora. URL l 編集
コメント、ありがとうございますv
ありがとうございますv
私も、本業(!? ←誤解されないとは思いますが、趣味の範囲での話です(笑))が物語書きなので、そう言っていただけると嬉しいですv

絵本、いいですねvv
junsoraさんのところも、絵本を見るようなイメージがありますねv

絵かぁ…、奇特な方がいらしたら、是非描いていただきたいところです(笑)
2006.07.19 Wed l あーるぐれい. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tearoombergamot.blog55.fc2.com/tb.php/278-ad7f464f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)