FC2ブログ
顔を出すのが遅くなった太陽
深い蒼の空に紅色の雲がさす
まだ光を放つ半月の下の
川沿いを一人きり散歩する

水の音を冷やされた風が揺らす
高い空を国を渡る飛行機が光る
まだ眠りに就いたいくつもの窓を
暁の白い月が横切っていく

ぼんやりと光っていた街灯が消えて
雲の向こうから赤い太陽が見える頃
ほんの少し汗ばんだ額を
優しい風が滑っていく朝が来る

そして今日が始まっていく
そして今日も始まっていく
スポンサーサイト



2012.09.09 Sun l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tearoombergamot.blog55.fc2.com/tb.php/2573-52d05a9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)