FC2ブログ
いつかまた
あの桜を見に行こう
あの時ふたりきりで見た

僕らはふたり
幼くて
互いの手だけが
頼りだったね

僕らはふたり
小さくて
世界はとても
果てしなかったね

そのくせ
溢れんばかりの
好奇心と冒険心で
僕ら
あの山を目指したんだよ


いつかまた
あの桜に会いに行こう
きみとふたりきりで見た

迷い込んだ森
怖かったね
互いの手だけが
味方だった

燃え尽きた夕日
消え去って
世界は急に
膨らんでったね

そのくせ
あたたかさとやわらかさで
世界は
僕らふたりを包んだんだよ


月もない夜に
ふたりきりで見た
あの桜

顔も見えない
ふたりの前に咲く
あの桜


いつかまた
あの桜に会いに行こう

幼い僕らが
あの夜の中
桜の下で
迷子になっているから


いつかまた
あの桜を見に行こう

幼いふたり
大人になった
桜の下で
互いの手を繋ごうよ

スポンサーサイト



2006.03.16 Thu l 花膳 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

桜。
桜って良いですよね・・・。
綺麗でなんとなく怪しい(え)感じが。
なんだか『僕』と『きみ』が目に浮かぶようでした。
でも子供の頃の思い出の場所、っていいですよね。。迷った時なんかに初心を思い出せそうで。

あんまり関係ない話ですが。
私の県の桜の開花予想は二十日だそうで。ぎりぎり小学校の卒業式に間に合いそうです。(私には関係ないんですが)やっぱり卒業式には桜なイメージですよね。
2006.03.16 Thu l 陽炎. URL l 編集
コメント、ありがとうございます
桜って、妖しいですよねvv そこが好きですvv

子どもの頃の思い出。
私も、時折、あの場所に戻ってみたい事があります。あの頃のように木登り出来ないし、秘密基地はなくても。

うちも、どうやら開花予想は20日のようです。
やっぱ、卒業式ですよね。
これが、上になると入学式のイメージになるらしいんですけど。どこ辺りから変わっていくのかな(笑)
2006.03.16 Thu l あーるぐれい. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tearoombergamot.blog55.fc2.com/tb.php/25-87dbf07f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)