FC2ブログ
Love painful love
あなたがくれた痛みは
時に甘く
Love painful love
ここから逃げ出すことも
他の誰を愛することも
なにひとつ叶わず
ただ あなた一人だけを
見つめることだけ
紅い月の 氷のような炎を浴びて
眠りにつくのね


Love painful love
風が二人を包んで
隠していく
Love painful love
遠くに見える景色は
戻れない日の街並み
なにひとつ届かず
ただ あなたと二人きりで
抱きしめあうだけ
紅い月が 脆く崩れる舟のように
運んでいくのね
スポンサーサイト



2006.06.28 Wed l 花膳 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

painful love・・
二人の愛は何処へ往くのでしょうね・・往き場はあるのでしょうか。
胸が締め付けられる詩ですね。何度も読み返しました。
2006.06.28 Wed l Masaki. URL l 編集
コメント、ありがとうございますv
そうですね、何処へいくんでしょう・・・。
それを知るのは紅い月だけかもしれません。

読み返してくださって、ありがとうございますv
Masakiさんの心に、情景が浮かんだならば幸いですv
2006.06.29 Thu l あーるぐれい. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tearoombergamot.blog55.fc2.com/tb.php/233-578d07e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)