FC2ブログ
文字の中に飲み込まれていく
ページの波におぼれてしまう
あるはずのない景色も
持つはずのない感情も
いつしか私を染め上げていく

わけもなく切なくなるのも
どうしようもなく苦しくなるのも
こらえきれず笑ってしまうのも
思い出して楽しくなるのも

このたった一冊の本のせい

そうやって増えたたくさんの本のせい
スポンサーサイト



2010.04.23 Fri l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tearoombergamot.blog55.fc2.com/tb.php/2192-48816c25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)