上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ある日その街の住人に
白い台本が配られた
明日から街の皆さんは
シナリオに沿って生きなさい

あくる日全ての住人が
台本片手に動き出す
行の隙間はアドリブで
ハプニングにもアドリブで

八百屋の前では恋が芽生えて
図書館の裏で人が刺された
老婆がいきなりロックをがなり
少年は庭にヒミツを埋めた

目覚めるたびに脚本は変わる
昨日の恋は今日には薄れ
刺された男が報復に走る
庭のヒミツは飼い犬が漁る

なんて混沌
なんてカオス

それでも住人は思ってた
平凡平穏ありきたり
それに較べりゃ楽しい毎日
これはとっても刺激的

ある朝住人が目覚めたら
白い台本は白いまま
何も書かれていないまま
街はたちまち大騒ぎ

なんて混沌
なんてカオス

人任せにした人生が
いきなりぽんと返された
途端に途方に暮れて言う
今日から一体どうすれば

平凡平穏ありきたり
どこにでもある日常を
もはやどこかに置き忘れ
アドリブさえも効かぬまま

なんて混沌
なんてカオス

ホントは戻っただけなのに
元に戻っただけなのに
その日その街の住人は
何も出来ずに佇んだ


(2009-03-09)
あまり深く考えずに楽しんでいただいてもいいと思います。

自分の中では、なんとなく、星新一っぽいです。
スポンサーサイト

2010.03.13 Sat l 月々 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tearoombergamot.blog55.fc2.com/tb.php/2140-5710cc03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。