上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
明日になれば恋をする
そんな予感のした日から
もう何年も日は過ぎて
ひとり寝る夜の恋の夢

待てど暮らせど来ぬ人を
待ちくたびれた老嬢の
こぼした溜め息ひとひらの
紙片に浮かんだ恋の歌

そこに吹き込む一陣の
風に揺られて鳥になる
空に羽ばたく行く鳥の
切なく響く恋の唄

零れて馨る花びらの
蜜を飲み干し鳥は啼く
探し当てたる待ち人の
掌の上で詩歌となる

風よりも疾く駆け抜けて
老嬢の元へ辿り着く
今その時に始まった
恋はもうはや間に合わぬ

枯れて乾いた唇に
冷たき涙の接吻を
とこしえに眠るかの人の
耳元で歌う愛の歌

明日になれば恋をする
そんな予感はとうに無く
ただ目覚めては遠い日の
愛を鳥音に想うだけ


(2009-03-02)
リズミカルであろうとしてますね。

ため息が、紙に書かれた恋歌になって、さらに鳥になって、運命の相手のところに飛んでいき、歌に戻る。
でも間に合わない、と。

こういう話のようなものも好きです。最近書いてませんが。
なかなかね、タイミングとかひらめきとか要りますからねぇ(笑)


スポンサーサイト

2010.03.06 Sat l 月々 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tearoombergamot.blog55.fc2.com/tb.php/2137-7b1ba06c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。