上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
花にうづもれて眠る君の瞼に雪が降る
残照が遠くで熾き火のやうにちらつきて消ゆる

暖めてやらうかと問へば
ぽつかりと眼を開き
融けて仕舞ひますと微笑ふ
それでは抱けんぢやないかと云ふと
雪の華が融けて潤んだ瞳で囁く

貴方も凍えて仕舞へば良いぢやないですか

それもさうかと思つて凩を抱いた
血潮の凍る音がした

花にうづもれて眠る二人の瞼に雪が降る
氷月が遠くで幻燈のやうに惑はせて光る


(2009/01/05)
心中ものみたいな話ですかね、これ。

たまにこういう言葉遣いのものを書きたくなるのですが、正しいかどうかは分かりません(笑)
雰囲気で読んでくださいませ。
スポンサーサイト

2010.01.09 Sat l 月々 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tearoombergamot.blog55.fc2.com/tb.php/2071-731f8eed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。