FC2ブログ
遠い遠い山の奥
水が生まれて流れる場所
深い深い淵の底に
今は亡い夢が眠る

静かな夜の水面
天高い月が揺らめいて
浮かび上がる幻も
吐息のように消える

落ちて来る雫が
広がる波紋を呼ぶ
震えるものはただ
世界を隔てる水面だけ

閉ざされた瞼の
奥に眠る双眸を
もう誰も見ることは叶わない


遠い遠い森の中
水が生まれて始まる場所
深い深い淵の下で
今もまだ夢が眠る

明けゆく夜の空を
映すよりもさらに深い
悲しみの色をたたえては
涙のように滲む

零れ来る花弁が
時間を揺り起こす
憂えるものはただ
世界を隔てた水面だけ

噤まれた唇の
奥に潜む言葉を
もう誰も聞くことは叶わない
スポンサーサイト



2006.06.07 Wed l 一枚の茶葉 l コメント (3) トラックバック (0) l top

コメント

こんばんわです~☆
今は亡い夢
自分は1つ封印してしまった。
眠りから覚めることはないかも・・
水が枯れないかぎり。
2006.06.07 Wed l ちゃりs. URL l 編集
漢詩
古き漢詩に見るような、格調性が窺われますね。
いつもすごいなぁと感心しています。
2006.06.07 Wed l あまのじゃく. URL l 編集
コメント、ありがとうございますv
>ちゃりsさん
 封印した夢もまた、時折浮かび上がる泡沫にその残滓を閉じ込め、思い出したように水面ではじけます。
 けれど、それもまた、穏やかな水面ではささやかな波紋の一つなのです。時が経てば波は収まり、そしてまた泡沫が一つ。
 そんなものなんですよ、きっと。

>あまのじゃくさん
 漢詩のよう、と言っていただけるとは。
 なんだか嬉しいですねvv
 これからも、褒めていただけるような詩を書けたらいいな、と思ってますv
2006.06.07 Wed l あーるぐれい. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tearoombergamot.blog55.fc2.com/tb.php/197-01baf938
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)