FC2ブログ
嵐のような風の向こう
急ぎ足で流れていく雲が
君の住む城を僕に見せる
隠れていたはずのガラスの塔が
風の向こうで煌いているよ

飛ばされていく小鳥のように
僕の心も乱されるけど
翼を持たない僕の身体は
君の元へと辿りつけない

声も風にかき消されていく
夕暮れ間近の町の空に
君を乗せた城は浮かんで
雲の切れ間を進んでいくよ

スポンサーサイト



2009.10.02 Fri l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tearoombergamot.blog55.fc2.com/tb.php/1962-ebc09a81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)