上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
遠い日に見た夢が
癒えないままに
僕は大人になった

夏の日の潮騒が
胸の傷に沁みて
泣きそうな僕の砂浜は遠い

駆け出した僕の
擦り切れたサンダルの底に
刺さっていた淡い薄桃色

いつの間にかできた青痣
子供じみた感傷の色も
やがて色褪せてなくなる

砕けた貝の欠片
滲んだ葉書の言葉
夏風に揺れる風鈴のささやき

どこへ行ってしまった
灼熱の太陽と情熱に負けない
あの少年の日々よ

遠い日に見た夢が
癒えないままに
僕は夏を見てた


(2008/07/23)


まだ、これから夏だというのに(笑)
幼いころとは感じ方の違う、でもやっぱり暑い夏を、どうせなら楽しみたいですよね。こんな感傷的でなく。
たまには感傷に浸るのもいいですけど。
スポンサーサイト

2009.07.18 Sat l 月々 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tearoombergamot.blog55.fc2.com/tb.php/1865-71fc05f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。