上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
月のない夜に
冴え冴えと光る
白い骨

しっとりと浴びた夜露は
乾いた骨を軋ませる

あれは昔の美姫の嘆きさ
通りすがりの鴉が啼いた

二度と戻らぬ恋人を
待って待ち侘び泣いているのさ


星のない夜に
白々と光る
冷たい骨

要らぬ熱を捨てた白さが
夜の帳に突き刺さる

あれは昔の騎士の名残さ
夜さり歩きの黒猫が云う

二度と逢われぬ恋人を
乞うて焦がれて泣いているのさ


鴉が啄ばむその骨の
黒猫が齧るその骨の

行方は誰も知らぬまま

月も星もない夜のこと


(2008/07/31)
作品の素材として「骨」とか好きです(笑)
鴉や猫も多いですね。

この骨ですが、同じ骨について、鴉と猫がまったく違うことを言っているのか、それとも違う骨なのか、そもそも、人の骨じゃなくて何かの獣の骨なのか、いや、そもそも夜が見せる幻なのか、それは私にも分かりません。

知っているのは多分夜だけ。
スポンサーサイト

2009.07.26 Sun l 月々 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

読めない~
文字が見えませんでした 天体ショーも..星空のせいかしらン
2009.07.27 Mon l コマッチ. URL l 編集
ええ、それは残念です!
…なんで文字が見えないんでしょう…。

空が晴れて星が見えるように、見られることを祈って…。
2009.07.27 Mon l あーるぐれい. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tearoombergamot.blog55.fc2.com/tb.php/1864-83641af1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。