FC2ブログ
ひとしずく垂らした
とわの時間のその欠片
はにかんでキスをした

いとしさのささやきが
まぶたの上に降りてくる
もうすぐここに夢が降る
ヒミツの鍵を携えて
とうめいの天使が
リモーネ色の月を従え
だきしめた愛を配るだろう

けいけんな朝が来るまでは
どこへも行かずに目を閉じて
この世界が廻るのを感じながら
よるのとばりに包まれよう
いそがないでゆっくりと

ハッシャバイ
こもりうたを歌ってあげる
こどくさえも歌の向こうに
へいきな振りも要らないくらい

おやすみなさい
いい夢を
できれば二人で同じ夢を
スポンサーサイト



2008.11.26 Wed l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tearoombergamot.blog55.fc2.com/tb.php/1637-e965cd5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)