FC2ブログ
私の言葉が
残るのならば
あなたに好きだと
伝えよう

言葉としての
カタチをなくして
風に吹かれて
消えたとしても

どれほど細かい
霧になっても
あなたのことを
包むよう


私の心が
残るのならば
あなたに好きだと
伝えよう

たとえどんなに
遠くにいても
雲から差し込む
光のように

どれほど暗い
闇の中でも
あなたのことを
照らすよう


私の姿が
どこに消えても
あなたに好きだと
伝えよう
スポンサーサイト



2008.09.24 Wed l 花膳 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

こんばんは☆
このポエムいいですね、想っている人に会えるわけでもないのに
好きなお洋服を、選んで着ているときに似た感じがしました。
少し迷子な感じもしたりします。
なぜだか淋しいね。
2008.10.21 Tue l ろ~るけ~き. URL l 編集
コメント、ありがとうございますv
そうですね。隣にいなくても、いなくなっても、残るものがあるのならば、とそういう作品です。
それが本当に残って、伝わるのか、それはきっと誰にも分かりません。
そういう不安定な感じが、迷子のように思えるのでしょうか。

でも、どこか強くあたたかいような気もする。そんな感じがしていればうれしいですv
2008.10.22 Wed l あーるぐれい. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tearoombergamot.blog55.fc2.com/tb.php/1547-24c654fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)