FC2ブログ
道端に
「楽」が一つ落ちていた
雨に打たれて濡れていた

ぼくは
そいつを横目で見ながら
握った傘の柄 ひと廻し

「楽」でいるのもラクじゃない
「楽」も楽しいだけじゃない


道端の
「楽」はひっそり落ちていて
見向きもされずに濡れていた

ぼくの
左の袖はしっとりと
革の靴はずぶぬれで

「楽」じゃなくてもラクじゃない
ヒトも楽しいだけじゃない


帰り道
「楽」はやっぱり落ちていて
悟ったように濡れていた

ぼくは
そいつにこっそり笑って
傘に隠れて囁いた

お互い
冷たい雨の中
濡れてそぼつる身の上だ

「楽」じゃないけどラクじゃないけど
「楽」と会えたり楽しいかもね


道端に
「楽」が一つ落ちていた
雨に打たれて濡れていた

ぼくは
そいつに別れを告げて
帰って熱い茶を飲んだ


普段は追記しないんですが、とりあえず舞台の説明でも(笑)
そういうの、ないほうが楽しいんじゃないかな、という方もいるかもしれないのですが、後々自分が思い出せないかもしれないから(笑)

外出したところ、近所の道路端に、10cm四方の白いプレート…というよりも薄いかな、が落ちてました。
表には、かすれた油性のマジックで「楽」と一文字。ゴミ捨て場には僅かに遠い、そんな場所でひっそりと。

一体、なんだったんでしょう、あれ(笑)
スポンサーサイト




2006.05.16 Tue l 日々の罅 l コメント (3) トラックバック (0) l top

コメント

落し物
読み始めて「何?」だろうと少し驚いてしまいました。
街を歩いているとそんな驚きと遭遇することもありますね。
それは奇妙な落し物だったり…
そしてそれを詩にしてしまうとこが素敵ですvv

楽ではないけど楽しかったり、楽だけど楽しくはなかったり、
そんなこともありますね。
詩を書いたりすることは、私にとってそんなに楽ではありません。
でもなぜか時々えらく楽しい(笑…)
ところでどこかに招かれて、「どうぞ、楽にしていてください」などと、
言われたら、とても落ち着きませんv
2006.05.17 Wed l junsora. URL l 編集
お早うございます^^

とても面白い落し物、ついつい興味を引かれて
最後まで「これ、どうするの? 拾うのかな?」と
読んでいき…

結局拾わずにさよならするところで、
ああやっぱり~…拾わないんだ^^
と、妙に納得致しました。
ええ、私も眺めるだけで 拾わないと思います…
これが子猫や子犬なら別ですが^^;

とても面白い詩でした、
私のとぼしい想像力を刺激されましたv

ところで…1300番、ゲットしました…♪
100単位でもいいって書かれておいでですので…
もしもお時間に余裕がおありで、
お気が向かれましたら。

「紫の瞳の 白い子猫」のイメージ…なんて
お願いしてもよろしいでしょうか?
「テーマ」も「ジャンル」もお任せいたします^^
あーるぐれいさんの感性が好きなので。
思いついたときにでも…いつでもv
2006.05.17 Wed l ねこきっど. URL l 編集
コメント、ありがとうございますv
>junsoraさん
 なんでもネタにしちゃうので、奇妙なものに出くわすのは大歓迎です(笑)
 楽じゃないけど楽しいことってありますよね。私にとっても、詩を書くことは楽ではないけど、時々無性に楽しいものです。
 逆に、楽しくないけど楽、って、あんまり遭遇したくないですね。
 
 確かに「楽になさってください」とか言われたら、逆に落ち着かない…(笑)

>ねこきっどさん
 面白く読んでいただいて、ありがとうございますv
 やっぱ、拾いませんね。「楽」も、拾われたくない気がします。分かりませんが(笑)

 リクエスト、ありがとうございます。喜んでvv
 「紫の瞳の 白い子猫」、いいですね、想像を掻き立てられますvv
 好きだと仰っていただけて嬉しいです。
 ご期待に添えるものが出来るといいな、と思いながら、書かせていただきますvv
2006.05.17 Wed l あーるぐれい. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tearoombergamot.blog55.fc2.com/tb.php/149-36a92150
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)