FC2ブログ
色褪せた紫陽花が
真夏の太陽に照らされて
乾いた地面に
透き通る影を落とす

すべてを包んだものは
重たげに揺れる空気
呼吸も止まるような
午後の街を彷徨う

太陽に良く似た
まばゆい向日葵に
見え隠れしながら消えた
遠い日の少女

草いきれの野原
駆け抜けていった
幼い背中の二人
森へと呑み込まれてく

緑の光が零れる
静寂と喧騒の木立
清涼な風が抜けて
少女の髪をなぶる

あのころの二人に
夏は降り注いだ
暑いばかりではない
夏を降り注いだ

スポンサーサイト



2008.07.07 Mon l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tearoombergamot.blog55.fc2.com/tb.php/1469-7e38b49d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)