FC2ブログ
足掻いた名残を
意外なところで見つける
運が良いか悪いかは
描いた絵では分からない
王が言ったとしても


加害者は誰だ
危害を加えたのは誰だ
苦界に落とされた者を
剣が威嚇する
戸外では嵐が渦巻く


差が一方的に開く
屍骸は放り出される
吸うがいいさ甘い汁を
世外には持っていかれない
疎外感を味わうくらいなら


互いに違えたことを知り
違いに愕然とするだろう
番いであったはずの二人の
手がいつの間にか離れ去り
戸が今はもう開かない


長い孤独の夜はつらい
苦い記憶が蘇る
縫うが良いさと麻を渡され
願いをこめて朝を待つ
ノーが言えずに夜も縫う


羽交い絞めにしたものは
被害妄想の小鳥
不甲斐無いと罵られ
塀がいたずらに逃げ回る
法外な祈りごと飛んでった


紛い物のロケットは
磨いても磨いても光らない
無害だと謳われても
目がいい者は騙されない
もがいているのは己だけ


野外の舞台には
ゆがいた野菜が躍る
要害の城壁で元気に育ったのだ


欄外に記されたメッセージ
利害関係は一致した
ルーが溶けてなくなる頃には
レンガ色の夕餉が並ぶ
労咳の音がどこかから聞こえている


我が意に反したものは全て斬り捨てよと
王が言い放つ
が今や彼の民はもういない

スポンサーサイト



2008.03.27 Thu l 花膳 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

素敵なファンタジーですね。
何気に、ヤ行が好き♪
それをちょっと言いたかったので(^_^;)
2008.03.28 Fri l junsora. URL l 編集
コメント、有難うございますーv
「○がい」で五十音、という、意味の分からぬ縛りをしてみました。
…先を考えずに書くから苦労しましたw
ヤ行のシンプルさは自分でもなにげに好きですv
2008.03.30 Sun l あーるぐれい. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tearoombergamot.blog55.fc2.com/tb.php/1359-ffd9b9ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)