FC2ブログ
どうしようもなくて
明日の光も見えず
朽ち果てるのを待つ
そんなのはいやだ

縋りようがなくて
誰の腕も見えず
倒れ臥すのを待つ
そんなのはいやだ

世界がずれていると
知ったのはいつだ
スライドする様に
気付いたのはいつだ


信じようがなくて
立ち位置さえも見えず
埋もれていくのを待つ
そんなのはいやだ

手繰りようがなくて
誰の顔も見えず
孤独だけがいや増す
そんなのはいやだ

世界はずれていても
叱咤して進む
世界を取り戻そうと
傷ついても進む


元通りになるまで


園蜩さんのリクエスト第二弾です。
このあいだ、視点をふと横にずらした瞬間、世界がずれる感覚に陥りました。
電波状況の悪いテレビ画面のように、一瞬遅れて正しい位置に嵌るのが見えたのですね。
もちろん、気のせいです。だと思います(笑)

この主人公が思っていることも気のせいかもしれません。
誰も信じられなくなった世界は、実はもとの世界と外れた別の世界だと。思い込みたいだけなのかも。
或いは本当なのかもしれませんが。

真実がどうであれ、そういうのも、生きる活力にはなるかな、と。

・・・あれ、リクエスト内容とは微妙にずれた答えですよね、これ(笑)
スポンサーサイト




2007.12.20 Thu l 贈花膳 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント


>世界がずれていると
>知ったのはいつだ

この感覚はものすごく考えてしまいました。

が・・・

まだ結論に達しません。(^◇^;;;

(1)『世界がずれている』とはどのような世界なのか?
(2)それは、主人公にとってどのような問題があるのか?
(3)アールグレイさんが仰るように、これは主人公の気のせいではないのか?
(4)元通りになる可能性を信じる根拠は何か?

などなど、色々と考えてしまいました。


ですが・・・

>真実がどうであれ、そういうのも、生きる活力にはなるかな、と。

確かに、生きる活力にはなると思います。

リクエストの第二弾、有難うございました。

それでは、またですぅ~ (^^)/~~~
2007.12.24 Mon l 園蜩. URL l 編集
コメント、ありがとうございますv
結論はいろいろあると思うのですが、それもまた一興かな、と。
映画やドラマや小説でも「結局どうだったわけ?なんだったわけ?」というオチは割と使われますよね。
…個人的には「はっきりしてくれ!」という側なんですが(笑)

ううん、やっぱりなかなか難題なりクエストぞろいです(笑)
2007.12.25 Tue l あーるぐれい. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tearoombergamot.blog55.fc2.com/tb.php/1261-cf107a3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)