FC2ブログ
旅をしている
どこまでも
どこかへ
いつまでも
いつかへ

辿り着く先を
誰も知らない
待ち受けるものを
誰も知らない

あてのない
風まかせ
足まかせ
気紛れ
気ままな
旅をしている

手にしたトランクには
日記代わりの手帳と
古い古い切符を
それから
旅先で出会う
いろんなものを

遠く世界の向こうには
自分の
誰かの
背中が見える

その向こう側には
なにが見える
なにが待つ

それを探しに

寄り道したり
回り道したり
ときに
背中に背を向けて

旅をしている
どこまでも
どこかへ
いつまでも
いつかへ

そして
いつか背中の向こう側へ


(2006/11/27)


別場所に作ったブログ「背中の向こう側」への自己オマージュ(いや、献辞とは違いますが…)みたいなものです。
当時書いていたのは、「一ヶ月ごとに異なる“ミハル”が旅をする」という設定のもので、それぞれがトランクと、祖父の残した日記の手帳、それから出発のための切符を持って旅立ちました。
…日記風に挑んだので、見事に玉砕してます(笑)

ちなみに今は、月一くらいで「黄昏通り」の過去の作品をモチーフにしたショートストーリーを書いています。
スポンサーサイト




2007.12.29 Sat l 月々 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tearoombergamot.blog55.fc2.com/tb.php/1244-c8b5275f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)