FC2ブログ
夕立が濡らした町
黒く光る道に
立ち上る水蒸気が
赤みを増した夕日の中
眠気のように揺れる

いつまでも夏じゃない

そう言って微笑んだ町

しっとりと沈む町を
渡っていく風が
昼間の熱気を奪う
心地よい涼しさの中で
戯れた蝉の鳴き声

けどすぐに秋にはならない

そう言って微笑んだ町


今はただゆっくり眠れと

子守唄吹き抜ける町
スポンサーサイト



2007.08.20 Mon l 花膳 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

こんばんわ~

じんわりと、本当に心に染み入ります。

ゆっくり、ゆっくり変ってゆく季節…

それを子守歌に結び付ける発想は…


やっぱ、ど~考えても僕には無理です。
w(☆o◎)wガーン

他力本願で申し訳ありませんが、
これからも、染み入る詩をお願いします。
m(_ _)m

『和らぐ日、
 子守歌のよう、
 秋ちかし』

ああっ
また、パクッてしまった。

ε=ε= 。。(ノT-T)ノ

怒んないでくださいね~

それでわ~


2007.08.22 Wed l 園蜩. URL l 編集
コメント、有難うございますv
夕立の後の夜風が気持ちよくてそこから「子守唄」の発想が出たものです。
人によって発想が違うから面白いんですよv
染み入れば嬉しいですねvv

パクリ・・・。
私の本日の作品の発想をパクらせて頂いたのでおあいこです(笑)
2007.08.22 Wed l あーるぐれい. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tearoombergamot.blog55.fc2.com/tb.php/1069-a9d4af6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)