FC2ブログ
古ぼけた地図に示された
光の道を辿って
その場所を目指すのは
俄仕立ての冒険者

ぼろぼろの地図に遺された
文字は薄く消えて
唯一つ分かるのは
始まりの場所の地名

どこを指しているか
なにが待っているか
分かりもしないものを
目指して進むのか


地図を頼りに歩き出した
冒険者が探すものは
隠された鍵の在処
散らばる暗号の謎

知り合った長老が
忘れられた歌を歌う
歌詞に秘めた手助け
飛ぶ鳥を追うように

どこが終点なのか
なにがあるというのか
分からないままなのに
目指して進んでいく

どこを目指しているか
なにを望んでいるか
分からなくてもいいんだ
この道程こそが楽しみ
スポンサーサイト



2007.08.16 Thu l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tearoombergamot.blog55.fc2.com/tb.php/1064-12bc0bcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)