FC2ブログ
たとえば
きみがいなくても
世界は今日も廻るだろう

たとえば
きみがいなくても
誰かが今日も笑うだろう

たとえば
きみがいなくても
綺麗な花が咲くだろう

たとえば
きみがいなくても
小鳥は空を飛ぶだろう

たとえば
きみがいなくても
どこかで愛が生まれてく

たとえば
きみがいなくても
どこかで夢が叶ってく


たとえば
きみがいなければ
それでも世界は廻っても

たとえば
きみがいなければ
隣の誰かが泣くだろう

たとえば
きみがいなければ
綴った話も終わるだろう

たとえば
きみがいなければ
育てた草木も枯れるだろう

たとえば
きみがいなければ
届かぬ愛があるだろう

たとえば
きみがいなければ
途絶えた夢もあるだろう


たとえば
きみが
スポンサーサイト



2007.07.24 Tue l 花膳 l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

視点の変化、そして…
こんばんは。(u_u*)
相変わらず、携帯で失礼します。

この詩は、視点によって、まったく想いの
変る詩の様に感じました。
『きみ』に自分をかさねるのか、
それとも相手を重ねるのか、
それとも、全く関係の無い二人なのか?
(・ω・;)(;・ω・)

…ここの選択で、全く味わいの変る詩になると思います。

で、私は『きみ』に自分を重ねるました。

それが、この詩を最も受け入れる事だと感じました。

…こんな事、一生言ってもらえませんからねσ(^◇^;)。。。

あと、この詩のエンディングの余韻は、
鳥肌ものですね
ガ-(゜Д゜;)-ン!

それでは、失礼しますm(_ _)m

2007.07.24 Tue l 園蜩. URL l 編集
コメント、有難うございますv
いろんな読み方ができる。それが詩というものの一つの利点ではないかと思います。
「きみ」に誰を持ってくるのかは、だから読み手さんにお任せなのです。

エンディングは、どうしようかと思ったんですが、結局この形で。
次に来るフレーズをどうするかもまた読み手さん次第♪
鳥肌ものですか、うふふ・・・(笑)

有難うございますーv
2007.07.24 Tue l あーるぐれい. URL l 編集
ステキな詩ですね!
知らないうちに、誰かに影響を与えているんですよね!
2007.07.24 Tue l sizuku. URL l 編集
コメント、ありがとうございますv
ありがとうございますv
誰かや何かに影響を与え、誰かや何かから与えられて、私たちは生きてるんじゃないかな、と思います。
誰にでも、何にでも、は無理でも。

2007.07.25 Wed l あーるぐれい. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tearoombergamot.blog55.fc2.com/tb.php/1019-b32ebe43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)