FC2ブログ
苦労もある
苦難もある
手に手を取って
たまには背中を押して
互いに乗り越えた

歓喜がある
感動がある
目と目を合わせ
ときには抱きしめあって
互いに喜び合った

反発がある
反対もする
言葉を闘わせ
ときおり投げたくなっても
互いを信じあっていた

不満もある
不安もある
歩幅を合わせ損ね
ときどき孤独を知っても
互いを選びつづけた

仲間がいる
未来がある
夢と夢を語り
たびたび力を合わせ
互いに今を歩もう


一万ヒット記念御礼リクエスト、三巡目。
陽炎さん「仲間」より。

仲間、というと、どうしても「旅の仲間」なイメージになってしまうRPG,あるいはファンタジー寄りの頭ですが、もっと身近にもいますよね、仲間って。

ずっと信じていられる、そんな仲間と知り合えたら最高だと思います。
スポンサーサイト




2007.07.23 Mon l 贈花膳 l コメント (6) トラックバック (0) l top

コメント

個と個の結びつき
こんにちわ。

物凄く骨太な印象を受けました。(u_u*)

特に『夢と夢を語り』と『たびたび力を合わせ』
という部分に、とても魅力を感じました。

仲間って言うのは、ただ寄りかかる存在ではなく、
『個』として自立した者どうしが結びつくことで
成り立つ・・・そんなものじゃないと思っています。
(時には寄りかかることもあるでしょうけど^^;)

だから、『夢を語り合う』というより、『夢と夢を語る』
という表現が、とてもイメージしやすいです。
最初は、『手と手』『目と目』とインを踏むためだけの
表現なのかなと思いましたが、前段がすでに『個』
の表現ですもんね。(*^^*)

また、『たびたび』という表現が、最初、単に
『たまには』~『ときどき』に連なる言葉の連鎖かと
思いましたが、ここは『たびたび力を合わせ』が
すごく私にはシックリきました。

・・・って、またしても個人的な意見に終始してしまって
すみません。(/・ω・\;;

でも、『夢と夢を語る』って表現、頂いてもよろしいですか?

それから、リンクさせていただいてもよろしいでしょうか?

よろしくお願いいたします。(_ _)
2007.07.23 Mon l 園蜩. URL l 編集
コメント、有難うございますv
読みどおり、韻を踏んだり、似たような表現を使ったり、という思惑もあります(笑)
「手と手」「目と目」と来て次の連であっさり頓挫したので、最後も「夢」をどうしようかと思ったのですが、「夢と夢」の方がしっくり来る気がしてそうしました。
実際、同じ道を歩く仲間だとしても、その心が目指すものは多少なりとも違うのではないかと思って。
「たびたび」も悩んだ箇所ですが、そう言っていただけてよかったですv

リンクの件、有難うございます。貼って下さったら大喜びですv(笑)
こちらからも貼らせていただいてよいでしょうか?

「夢と夢を語る」という表現ですが、格段に私のものだ、と言えるほど長いセンテンスでもないので、ご自由にお使いくださいませv
2007.07.23 Mon l あーるぐれい. URL l 編集
もちろん、大歓迎です
リンクして頂けるなんてとても嬉しいです。
(*^_^*)

よろしくお願いします。m(_ _)m
2007.07.24 Tue l 園蜩. URL l 編集
こちらこそv
ありがとうございますvv

これからもどうぞよろしくお願いいたしますねvv
2007.07.24 Tue l あーるぐれい. URL l 編集
遅くなりましたが・・またまた素敵な詩、ありがとうございます!!
あぁなんだか仲間っていいなぁって改めて思います。今を共に~の最後がとても好きです。「未来」じゃなく今っていうのがいいですね・・。
本当に、ありがとうございました!
2007.07.26 Thu l 卯月陽炎. URL l 編集
コメント、有難うございますv
こちらこそ、リクエスト有難うございましたv
おかげで色々と楽しませていただきましたv

仲間っていいなぁ、とそう思っていただけたら、私としてもとても嬉しいですv
2007.07.26 Thu l あーるぐれい. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tearoombergamot.blog55.fc2.com/tb.php/1017-7d630cba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)