FC2ブログ
溢れそうな想いを
蒼い瓶に詰めて
蓋をした

零れそうな言葉が
泡のように弾け
蓋をした

ラムネ瓶の中

行き場のない気持ちが
圧力で押し返し
蓋をした

くすぐったい希望を
ぽったりと瓶に変え
蓋をした

ラムネ瓶に似て


セピア色の風景の中
今は静かに
佇んでいる


いつかそのうち
力強い未来が
来る日まで

驚くほどの自分が
外をも満たす
その日まで

ラムネ瓶に眠る


一万ヒット記念御礼リクエスト、三巡目。
イーゲルさん「ラムネ」より。

あのビー玉は、炭酸の圧力で蓋になるようになってるんですよね。
というのを、この間ラジオで言っていて思い出したので。

瓶は60円位で、ビー玉は5円程度?らしいです(今はどうなのかな)
でも、割っちゃって、中のビー玉を取るのに夢中だった、と。
それとは関係ない作品ですが(笑)
スポンサーサイト




2007.07.19 Thu l 贈花膳 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

想いとか気持ちとかの抽象物を(意外な?)具体物に即して書かれるのが本当に上手だと感じます。
うらやましいなぁ。
しゅわっとしたラムネの味覚が懐かしくなりますね。

わたしは怖がりなので、割って取ってもらって遊んでました^^;
2007.07.20 Fri l しおん. URL l 編集
コメント、有難うございますv
上手ですか。うわぁ。嬉しいですv
何でも例えてみるのが好きです(笑)

ラムネ。めったに飲まないけど、なんだかちょっと懐かしい飲み物ですよねv

今はキャップが回せるタイプのラムネ壜が多くてちょっと残念です。
2007.07.21 Sat l あーるぐれい. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tearoombergamot.blog55.fc2.com/tb.php/1013-5697e184
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)