上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
カビや手垢のついた言葉は要らない
そんなことを言ってたら
何も言えなくなった

だれも使ってない言葉なんてない
そんなことを言ってたら
どれもありふれてしまった

自分はどこへ行ってしまったのか
言葉にこだわりすぎた挙句に
私がどこかへ行ってしまった

単純明快でもいいのだし
難解だっても構わない
心を表現できるなら

そこにあるのは
ありふれててもありふれてない
気取ってるようで気取っていない
私自身の言葉
スポンサーサイト
2012.08.31 Fri l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top
私たちが生きている理由なんて
きっとそんなたいしたことじゃない
ただ生きているから生きている

美味しいものがあるから
楽しいことがあるから
好きな人がいるから
気になることがあるから

悲しいことがあっても
失敗することがあっても
嫌いな人がいても
何も気にならないとしても

私たちが生きている理由なんて
きっと特に言葉になんて出来ない
ただ明日が来ると信じてる

生きているってその程度

だけどそれがとても大事
2012.08.21 Tue l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top
新しいワンピースの裾を翻して
熱い風の中を駆けて行く
君のむき出しの白い腕に
太陽とヒマワリの光が揺れる

空にわきあがる入道雲が
笑顔の君の顔を照らす
世界はどこもかしこも白く光る
そして熱く甘く香る

どこまでも走っていける
溌剌とした脛を蹴立てて
君は時折振り返って笑う
僕を手招き手を振りながら

麦藁帽子とぺたんこのミュール
ワンピースには水玉のリボン
どこから見ても夏の少女の
君がいるから僕にも夏が来る
2012.08.04 Sat l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。