FC2ブログ
夏の夕暮れにこもった熱気が
風を膨らませわが身に迫る
甘く熟れた果実にも似て
どことなく気怠くなぶって抜ける

夏の夕暮れに昇った月が
雲をすり抜けてわが身に迫る
やわく爛れた果実にも似て
どことなく気鬱に粘って落ちる

夏の夕暮れに騒いだ胸が
夜を待ちわびてわが身を焦がす
硬くつぼんだ蕾より早く
どことなく気ままに匂って開く
スポンサーサイト



2012.07.29 Sun l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top
たとえば夢にあなたがいて
私を抱きしめてくれたなら
たとえば空にあなたがいて
私を見守ってくれたなら
たとえば木漏れ日の中に
あなたの声がするのなら
たとえば風が吹きすぎる
そこであなたが笑うなら
たとえば私の行く先に
あなたが待っているのなら

それだけで幸せに
思うでしょう

どこにいても
どんなときも
あなたを感じてられるなら

2012.07.20 Fri l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top