上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
毎年参加させていただいている、詩人たちの詩人たちによる詩人たちのための祭典。

http://toshikoshi.blog8.fc2.com/

開催期間は12/26~12/31です。
私も参加します。

今のところ、まだ、どれを出品するか決めてないのですが、良かったら見にいらしてください。
スポンサーサイト
2010.12.31 Fri l 日々の罅 l コメント (0) トラックバック (0) l top
お疲れ様
今年も一年がんばったね

たくさんのことをしたね
たくさんの言葉を交わしたね
たくさんの心とつながって
たくさんの出来事をつなげたね

お疲れ様
今年も一年よくやったね

来年もまたがんばろうか
がんばりすぎないように
時々肩の力を抜きながら
2010.12.31 Fri l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top
寒さに凍えそうな夜に
あなたを想って道を歩く
吐く息に凍った言葉を乗せて
あなたには届かないことを知っているけど

寒さに倒れそうな夜に
あなたを想って道を歩く
この道はあなたのところへは届かない
そんなことは百も承知の上だけど
2010.12.30 Thu l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top
いろんなことがあった
いいことも
わるいことも
たいへんなことも
ふつうなことも

いろんなことがあった
私自身の
誰かの
あなたの
身の上に

いろんなことがあった
それがどんなことであっても
私を作ってきた
私を彩ってきた

いろんなことがあって
良かったり
悪かったりして
でもそれが
私の一年
2010.12.29 Wed l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top
落ちるのを踏みとどまれば
きっと何かを落としてしまう

落ちてしまえばきっと
戻るのに苦労してしまう

どこにいればいいんだろう
己の立ち位置を見失う

踏みとどまったつもりのここは
上にまだなお地上があって

落ちてしまったつもりのここは
あるいはまだまだ下がある

そんな場所かもしれないから
己の立ち位置に自信がない


(2009.12.28)
2010.12.28 Tue l 月々 l コメント (0) トラックバック (0) l top
わけもなく泣きそうになる
泣いてもいいよと
誰かが言ってくれたなら
きっと泣けなくなるけれど

わけもなく泣きたくなる
泣かないでよと
誰かが困ってしまうなら
きっと泣かずにいるけれど

わけもなく泣きたくなる
ただ黙って
誰かが包み込んでくれたなら
きっと泣いてしまうんだろう

わけもなく泣きたくなる
誰もいない夜
暖かなお風呂の中で
きっと静かに泣くんだろう


(2009.12.22)
2010.12.26 Sun l 月々 l コメント (0) トラックバック (0) l top
私は行く
行くと決めたのだから
どんなことが待ち受けていても
それに立ち向かうと決めた

私はやる
やると決めたのだから
どんなことが襲い掛かっても
それを受け入れると決めた

その先にあるものが
全面的な幸福じゃなくても
その先で待つものが
完全なる愛じゃなくても

私は行く
行くと決めたのだから
どんなことがあるのだとしても
そこへ行くことを決めた
2010.12.22 Wed l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top
大好きな人と
健康な身体
生きていくだけのお金と
ちょっとした気持ちの余裕
明日を夢見て
たくさん笑って

時々泣いたり
怒ったりしても

それらがあれば
毎日が幸せ

多分幸せ
2010.12.21 Tue l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top
鈴の音が聴こえる
遠く遠くから
子どもたちに夢を乗せて
大人たちに愛を乗せて

空を翔る影が見える
遠く遠くに
子どもたちには未来を
大人たちには希望を

世界中のどんな人にも
夢や愛を
未来や希望を

そんな日があってもいい
そんな日を待ってもいい

鈴の音が聴こえる
遠く遠くから
あなたのもとにも
私のもとにも
2010.12.20 Mon l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top
僕には家が二つあって
どちらに帰ってもただいまと言う
行ったり来たりする度に
どちらにも行ってきますと言う

じゃあ帰るねと口にして
あちらが家なのと言われたり
また来るねと口にして
ここが家でしょと言われたり

僕には家が二つあって
今はどちらにも住んでいる
行ったり来たりしてるけど
いつかどちらかにだけ言うよ

行ってきますとただいまを
2010.12.19 Sun l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top
雨音に照らされて
夜はひっそりと息をする
砕けて濡れた硝子の少女が
愛を求めて歌唄う

道に貼り付く恋文が
雨粒の中で千切れてく
古い街灯が泣きながら
文字を繋いで口ずさむ

私はここよと嘆くのは
少女か手紙か宵夢か

雨音が照らす夜の街
人知れず濡れる恋の歌


(2009.12.10)
2010.12.18 Sat l 月々 l コメント (0) トラックバック (0) l top
凍りつく空気の中で
星が落ちる音を聞いた
誰もが寝静まった夜の
静寂を震わせる音を

手にしたグラスの炭酸水に
落とした涙が弾けて消えた
零したはずの言葉の欠片
浮かんだ星ごと飲みほした

凍りつく夜風の中で
雪が生まれる音を聞いた
誰もが褥に逃れる夜の
星空を震わせる音を
2010.12.17 Fri l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top
お久しぶりです
お元気ですか
私の方は元気です
こんなことがありました
こんな予定があるんです
あなたの方はどうですか

そんな思いをはがきに込めて
たくさんの友に送ります

たとえそれだけの繋がりも
ささやかだけど大事だよ

いつかも一度会えたなら
たくさんたくさん話そうね

はがき一枚じゃ書ききれない
たくさんのことを話そうね

いつになるかが分からないから
まずは便りを送ります

新しい年が明けたなら
あなたの元に届くよう
2010.12.16 Thu l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top
最初にあなたに会ったのは
去年の秋のことでした
あなたが私に恋をして
声をかけつつ数ヶ月

それから今年の春前に
二人っきりで逢いました
あなたは私の手を握り
それでもまだまだ恋をせず

そうして幾度も逢ううちに
ゆっくり恋になりました
あなたが私に恋をした
それからちょうど五ヵ月後

それからいろいろあったけど
恋は愛になりました
そうして今年が終わる前
同じ名前になりました

まだまだ自信はないけれど
きっと二人でいけるはず
そんなに根拠はないけれど
あなたと私は大丈夫

だからこのまま来年も
一緒に歩いていきましょう
だからこのままこの先も
一緒に生きていきましょう
2010.12.15 Wed l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top
いつか来られなくなる
それでも
君が待つ限り
私はここを目指そう

いつもは来られなくなる
それでも
君が読む限り
私はここに記そう

いつか君も来なくなる
それでも
誰かがいるのなら
私はここに残ろう

私はここに残そう
2010.12.14 Tue l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top
たくさんの難しいことが
私の周りを取り囲む
あまりにも多すぎて
どこから手を付けたらいいのか

たくさんのややこしいことが
私の周りで山を成す
あまりにも高すぎて
その向こうの平野が見えない

失敗したっていいじゃない
意外と何も壊れはしないの
間違えたっていいじゃない
思ったよりも何とかなるよ

たくさんのやるべきことが
私の周りを埋め尽くす
あまりにも多いけど
とりあえず一つずつ片付けてくわ
2010.12.13 Mon l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top
一人では生きられないから
誰かと話をしながら生きてる
噛み合わなくても
すれ違っても
いつか
お互いの心にたどり着ける
そんな未来を信じながら


(2009.12.07)
2010.12.12 Sun l 月々 l コメント (0) トラックバック (0) l top
運命の人を見つけた
昨日の夢の中で
すぐに分かった
この人なのだと

なのに私は機会を逃した
もう二度と会えない人なのに
掴んで離しちゃ駄目だったのに

その笑顔もその声も
見つめる瞳も
伸ばされた腕も

すべてを失ってしまった私は
ただ愕然と立ち尽くしていた
消えてく背中をただ見つめてた

運命の人を見つけた
昨日の夢の中で
目覚めたらもう
何も分からなかったけど


(2009.12.04)
2010.12.11 Sat l 月々 l コメント (0) トラックバック (0) l top
たくさんのおめでとうを貰った
たくさんのありがとうを言った

私に起きた幸せを
たくさんの友達が祝ってくれた
まるで自分のことのように
たくさんの友達が喜んでくれた

たくさんのおめでとうを貰った

ありがとう
ありがとう

あなたたちの友達でよかった
2010.12.10 Fri l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top
幸せになりましょう

あなたの幸せの一端を
私が担ってあげるから

幸せになりましょう

私の幸せの責任は
私が背負ってあげるから

幸せになりましょう

お互いにお互いが
幸せの形であれるよう

幸せになりましょう

幸せになりましょう
2010.12.09 Thu l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top
宝くじが当たったら
君と世界一周しようか
豪華なホテルを借り切って
結婚式をするのもいいね
それとも
おっきな家を建て
君と二人で暮らそうか

宝くじが当たったら
こっそり貯めとこうか
いざって時に備えてさ
いつもは忘れたままでいようか
それとも
時折君のため
ちっちゃな贈り物を買おうか

宝くじが当たったら
何を買ってみようかな
どこに行ってみようかなって
話すだけでも楽しいね
そうして
やっぱりダメだったって
笑いあうのも楽しいよ
2010.12.08 Wed l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top
何かあったらここにおいで
一緒にいてあげる
話したくなったら話せばいいし
気分転換にも付き合うよ
美味しいものを食べてもいいし
思い切り運動してもいい

何かあったらここにおいで
一緒にいてあげる
泣きたくなったら隣にいるし
愚痴や文句も付き合うよ
衝動買いにも一緒に行くし
思い切り歌うのもいいね

何かあったらここにおいで
私はいつでも味方だよ
2010.12.07 Tue l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top

私は私を御せない
自分の気持ちも
自分の態度も
うまいこと制御できない

泣きたいときも
怒りたいことも
いつの間にか
増えてしまった

私は私を御せない
許してみることも
諦めることも
うまいこと成し遂げられない

泣くことのない
怒ることもない
そんな以前よりは
密度が濃い日々で

私は私を御せない
せめてそんな私を
好きになれるよう
私自身を受け入れたい
2010.12.06 Mon l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top
僕の指は魔法使いの指
絵の中の花を摘み取って君に上げる
天を舞う鳥を呼ぶこともできる

僕の指は魔法使いの指
満天の星空でネックレスを作ってあげる
指先に光を灯すこともできる

僕の指は魔法使いの指
君が欲しがるものはなんでも上げる
無くした物を指差すこともできる

僕の指は魔法使いの指
でも君の心は掴めない
君の恋心は作れない

僕の指は魔法使いの指
君が泣いてるときには
君を笑わせてあげる


(2009.12.03)
2010.12.05 Sun l 月々 l コメント (0) トラックバック (0) l top
恋をしていた
胸が痛くなって
呼吸が止まるほどの
恋をしていた

まるで死んでしまうほどの

恋をなくした
胸が痛くなって
呼吸が止まるほどに
恋をなくした

もはや死んでしまうほどに

大げさだと笑わないで


(2009.12.01)
2010.12.04 Sat l 月々 l コメント (0) トラックバック (0) l top
寒い夜には
温かなスープを飲もう
優しい味の中で
涙も溶かしてしまうから
立ち上る湯気の中に
疲れも隠してしまうから

寒い夜には
温かなスープを飲もう
体中暖めて
眠りを誘ってくれるから
栄養が染み渡り
明日の自分をつくるから

寒い夜には
温かなスープを飲もう
ひとりでも大丈夫だと
思わせてくれるから
ふたりならなおいいと
感じさせてくれるから
2010.12.03 Fri l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ヤキモチ焼く子は可愛いかな
焼き方にもよるのかな
あたしはそんなあたしに疲れて
イヤになったりしているよ
あなたはそんなあたしに接して
イヤになったりしないかな

拗ねたりする子は可愛いのかな
僻まなければいいのかな
あたしはそんなあたしに戸惑い
不安になったりしているよ
あなたはそんなあたしに絡まれ
イヤになったりしないかな

寛容な子は可愛いかしら
笑って許せばいいのかな
あたしはそんなあたしに耐えれず
イヤになったりしているよ
あなたはそんなあたしの態度に
不安になったりしないかな

あたしはちゃんと可愛いのかな
誰に聞いたらいいのかな
あたしはそんなあたしに自信がなくて
不安になったりしているよ
あなたはそんなあたしをちゃんと
好きだと言ってくれるかな
2010.12.02 Thu l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top
どれが一番かなんて
決められない
良いものも
悪いものも
好きなものも
イマイチなものも
全部あたしだから

どれか一つなんて
決められない
嬉しいことも
哀しいことも
本当のことも
マボロシだって
全部あたしだから

悩みながらめくっていく
今年のあたしの足跡
迷いながら辿っていく
今年のあたしの軌跡

そんなのも楽しくて
あたしは目いっぱい考える
今年のあたしの作品を
2010.12.01 Wed l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。