FC2ブログ

人差し指の上に乗せた
小さな鳥にそれは似ていた
啼くでもなく
羽ばたくでもなく
じっと動かなかったけれど

落としたら砕けてしまう
水晶細工にそれは似ていた
冷たくもなく
透明でもなく
硬質さだけを抱いていたけど

接吻すれば吐息で飛ぶよな
淡い花びらにそれは似ていた
匂うでもなく
誘うでもなく
僅かに蜜を光らせただけで

そういったものにそれは似ていた
言葉には出来ず
形にも出来ず
それでもなお愛しいようなものに


(2009-05-07)
2010.05.01 Sat l 月々 l コメント (0) トラックバック (0) l top