FC2ブログ
一番初めに
物語を書こうと思ったのは
詩を紡ごうと思ったのは
いつだったろう

一番初めに
物語を書きながら
詩を紡ぎながら
誰に見せたいと思ったのだろう

一番初めに
物語を書き綴りながら
詩を織り紡ぎながら
いったい何を思っただろう

もう忘れてしまうくらい昔

あのときの気持ちはまだ
胸のどこかにあるだろうか
スポンサーサイト



2009.10.09 Fri l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top