FC2ブログ
重ね合わせた肌の隙間
残されたままの孤独が震える

絡め合った指先の合間
掴み損ねた明日が逃げる

二人
こんなに近いのに遠い

奪い合った熱の余韻
吐息とともに冷めて消える

溶かし合った時間の狭間
隠されていた不安が揺れる

二人
どれだけ近くても遠い


スポンサーサイト



2009.09.29 Tue l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top