FC2ブログ
走り出した夜空を
地図の上で追いかける
伸ばした指のその距離で
君の元へとたどり着く

君が見つけた流星を
時計の中に閉じ込める
スパアクしている秒針が
過ぎ去る明日に乱れ飛ぶ

古ぼけたビルの屋上
二人きりパーティタイム
ステップ踏んだ足元が
夢の切れ間に落ちていく



スポンサーサイト



2009.04.23 Thu l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top