FC2ブログ
星に願いの

祈りを込めて

馬手に抱いた

いたいけな気持ち

勿論と笑い

来世で逢う夢を

目を覚ます前が

笑顔の終わり

割り切れぬままに

間に合わぬ時刻

酷薄の夜明け

空けてしまう時の

昨日までの距離は

離叛はなお出来ぬ

後朝(きぬぎぬ)の別れ

彼の手を抜けてゆく

行く末を思う

もう一度会えることは

永久の願いと誓い

腕(かいな)を離して別るる

縷々に泣き濡れても

手も取れない二人

足りぬ温もりを傍に欲し


(2007-07-07)
スポンサーサイト



2008.08.09 Sat l 月々 l コメント (0) トラックバック (0) l top