FC2ブログ
青白く光る身体で

朝の遠い闇を照らす


瑞々しい肢体を

震わせて吐息をつく


嬌声の混じる饗宴の中で

脱ぎ捨てた不要なものを

引き裂かれた過去の己を

一顧だにせずに朝を待つ


土に埋もれた魂と

風に吹かれる骸を見下ろして


儚げな色もまた

瞬きのように捨て去って

世界の競演に加わるのだ


未だ眠る暁の中で


スポンサーサイト



2008.08.05 Tue l 花膳 l コメント (0) トラックバック (0) l top