FC2ブログ
あわあわと泡食って
いそいそと忙しく準備
うきうきと浮き足立って
笑顔の彼女は
おずおずとポーズを決める


かさかさとは無縁の若さ
きらきらと煌めく美貌
くすくす笑いで心を隠す
けれんみだらけだが
こそこそと姑息な真似はしない人だった


さらさらと波が浚う
しずしずと静かな月夜
すくすくと伸びた花に足が竦む
せっかく咲いているものを
そよそよそよぐ風が散らした


たんたんと淡白な音を立てた汽車に
ちりちりと散りばめた星が砕けて響く
つやつやに磨かれた聳え立つ山
天辺までのぼっていって
とろとろに煮込まれた月を取ろう


なみなみと注がれたコップの涙を
にやにやと笑う女にやった
ぬらぬらと光る瞳は泣かぬらしい
猫が横切りながら言う
のろのろしてると呪われちまうよ


はらはらと花の散る野原で
ひらひらと肩に落ちたひとひら
ふるふると震えながら囁いてきた
変化を求めるのは悪いことかしら
ほろほろとほろ苦い涙を流しながら握りつぶしてやった


まんまんと水を湛えた湖で満月が酒を呑んでいる
みすみす逃すなんてらしくないミスだなと笑い
むざむざ無残な姿を見せるとはねと嘲る
面倒くさい絡まれ方だったので
もやもやした気分のまま靄の中に逃げた


やわやわとやわらかな胸の中にいる
ゆらゆらとゆらめく彼方に塔が見える
よろよろとよろめいたのは己か塔か


らんらんと輝く瞳をごらんよ
りんりんと歌うあの大輪の花の向こうさ
るんるん気分を気取るんだけど
冷静な顔で見てるだろう
ろうろうと響く唸り声に気付いた途端喰われるだろう


わいわいと賑やかな夢だわい
いつの間にか隣にいた老人が言う
うかれておるのうと誰かが言う
ええとあなた方はと問うと
をやをや知らぬわけがないだろう
いわんや初夢に於いてをや






スポンサーサイト



2008.01.02 Wed l 花膳 l コメント (2) トラックバック (0) l top
恋をしてる人
仕事をしてる人
夢を追ってる人

頭のいい人
スタイルのいい人
綺麗な人

お金を持ってる人
資格を持ってる人
親友のいる人

お酒が飲める人
タバコが吸える人
好き嫌いのない人

健康自慢の人
病気自慢の人
死も怖くないと豪語する人

孤独な人
博愛な人
偽善の人

器用な人
要領のいい人
うまく立ち回れる人

でもそれは

別に人生の勝者じゃない

ただたんに

あなたの人生のスパイスなだけ


(2006-12-02)
2008.01.02 Wed l 月々 l コメント (0) トラックバック (0) l top