FC2ブログ
夜の帳が上がる
紺青色の世界
傾きかけた月が
ゆっくりと光度を落とす
滴り落ちた雫は
乳白色の真珠
ひとりきりの私は
冷たいベランダの上
落ちてくる真珠を
飲み込んで魚に変わる

深い蒼が滲む
夜明け前の世界
まだ目覚めぬ暁が
睫毛を震わせて光る
広がっていく光は
天を目指す泡沫
ひとりきりの私は
冷たいベランダの上
浮かんでいく吐息を
追いかけて魚に変わる

音を立てて変わる
光射し込む世界
取り払われた夜の
去っていく水の気配
白んでいく空は
夢の終わりを告げて
ひとりきりの私は
冷たいベランダの上
始まっていく時間へ
飛び出して人に変わる


(2006/11/01)
スポンサーサイト



2007.12.01 Sat l 月々 l コメント (2) トラックバック (0) l top