FC2ブログ
ほんの少し垂らした
金色のハチミツ
溶けて渦巻く
紅茶の中
揺らめいて
揺らめいて
違う世界を映す

ほんの僅か薫った
金色のハチミツ
溶けて崩れる
紅茶の中
ほろほろと
ほろほろと
違う世界を歌う

飲み干して
つかの間
違う世界に出会う

ほんの微か明るい
金色の空の端
溶けて零れる
紅茶の上
優しげに
優しげに
違う明日に微笑う
スポンサーサイト



2007.07.04 Wed l 花膳 l コメント (2) トラックバック (0) l top
これはようこそ
いらっしゃい

此度は何を
お求めで

なるほど
妬心を持て余し

焦がるる心の
手慰み

それなら
こちらはいかがでしょう

これなる品は
深海に

堕ちて眠れる
火花の杼(ひ)

炎も凍らす
冷たさで

嫉妬の心を
鎮ませる

ただ一日(いちじつ)に
出会うため

残る日数(ひかず)を
恋いもがく

募る想いを
糸にして

ただひたすらに
織られませ

織って綴れし
布ならば

逢瀬の宵をば
輝かす

美妙の調べと
なるでしょう

ただし
お一つご注意を

これなる品は
火花の杼

抑え切られぬ
嫉妬なら

氷も溶けて
燃え上がる

夜空も想いも
燃え尽くし

天の川まで
干上がせる

それでも良ければ
お持ちあれ

2007.07.04 Wed l 黄昏通り l コメント (0) トラックバック (0) l top